CATEGORIES
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

情報を自分のメンターに!メンターブログ

メンターとは”助言者”という意味です。数々の情報の中から、自身にあったメンターのような存在や礎で成功しましょう!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
融資の返済、払いすぎていませんか!?
〜過払いとサラ金(消費者金融)〜

Q&A過払金返還請求の手引―サラ金からの簡易・迅速な回収をめざして
Q&A過払金返還請求の手引―サラ金からの簡易・迅速な回収をめざして

消費者金融で長きに渡り返済してきた方は、その金額・年数によっては”過払い”を返還請求することができます。(もちろん先方の金利や状況等により異なります)

この本は過去の判例や金融庁事務ガイドライン等、最新の情報を織り込んで改訂されたもの。「自分は過払いでは!?」と思われる方は一読してみる価値はあるかも知れません。

そうならないためにも、金利や借り入れ金額等を冷静に判断して是非を検討するのが一番なのですが・・・今やカードローンも乗り換える時代です。ゆとりある融資と返済プランを考えましょう!

上記はあくまでも一例です。融資・返済に関してはあくまでも自己責任におけるものですので、ご了承下さい。

| 金融・返済 | 08:42 | comments(0) | - |
賢いお金の借り方〜借り入れをする前に冷静な判断を〜
〜ちょっと待って、その借り方でいいのでしょうか?〜

今の日本の景気は上向きと言われていますが、ちまたの評判とは裏腹に”格差社会”とも言われております。いつの時代でも家庭経済の問題は絶えないものです。

先日インターネットニュースでも”全体の7分の1の人が借り入れを行っている”という見出しがありました。大手の消費者金融のCMがかなり多くなってきたのもその象徴かも知れません。

前置きはここまでとして、その、一般的な現象として何故金利の高いところから借りてしまうのでしょう?

借りる前に簡単な金利の比較をしてみますと・・・

銀行系カードローンの金利で15%〜

大手消費者金融会社の金利で25%〜

この比較だけでも銀行系カードローンの方から借り入れを行ったほうが後々有利になってくるのは明らかです。

が、ちょっと待って!!

しかし、だからといって多額の借り入れをしてしまうと、どこで借りようと同じこと・・・ここでいう金利とは”年利”のことですから、短期間で返済できなかったら結局は同様の事態に陥ってしまうのです。

〜借り入れ前には冷静な判断を〜

よく周りで聞く話ですと、「〜万円の返済があるから、パチンコ(その他ギャンブル等)で増やして返そう!」という発想が湧いてしまうと聞きます。その前にその軍資金で先に返済してしまえばいいのに・・・なのです。

早い話が「借りないのが一番いい」ということなのです;;;

もし万が一借りるとしても、銀行系のカードローンで業界最高水準の「年利7%〜・最高限度額500万円・生命保険付」というものもあるのですから、借りやすさから駅前に走らないほうがいいということなのです。

以上、ここまでお話したのはあくまでも一つの考え方です。決めるのはご本人(もちろん自己責任が原則)な訳ですから、冷静に・計画的に検討してみましょう!(当サイトとしての免責事項として)




| 金融・返済 | 22:29 | comments(0) | - |
イマイと申します。
イマイと申します。―架空請求に挑む、執念の報道記録
日本テレビ『報道特捜プロジェクト』
ダイヤモンド社 (2005/08)
売り上げランキング: 773

 何とも痛快な番組だったゆえに、2ちゃんねるでもかなり
話題になっているという”イマイ氏”。

 テレビ番組”報道特捜プロジェクト”で、架空請求詐欺
組織に自ら電話をかけまくり、どやされても脅されてもビク
ともせずにまたかけ直す姿は、かなりの反響を生んだ。

 淡々と電話をし、淡々と語り、詐欺集団を問い正すところ
は専門家も真っ青。。。

 個人情報が様々なルートを辿って流失されている現在、
こういった詐欺の手口に関する対処法が取りざたされている
ところから、多くの方々の関心を集めたのでしょう。

 『イマイと申します。

 この言葉はネットや口コミで来年の流行語となること間違
いなし(!?)

---------------------------------------------------

 個人情報保護への関心は日に日に高まってきております。
企業も経済も”信用”をいうキーワードに着目している時代、
どのように捉えるべきか、考えてゆきたいものです。
 



*日経新聞にも紹介された”企業向け個人情報セミナー”。
会社の信用を守るために、学ぶべきことがここにあり。
<ダイジェスト版をご覧になれます>

*当ブログで記載されている書籍や情報につきしましては、
正確を期すよう心がけておりますが、詳細やお問い合わ
せにつきましてはアクセス先にてお願いします。
手違いによるトラブルや問題解決等においても同様です。
<免責事項として>
| 金融・返済 | 01:02 | comments(0) | trackbacks(0) |