CATEGORIES
SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

情報を自分のメンターに!メンターブログ

メンターとは”助言者”という意味です。数々の情報の中から、自身にあったメンターのような存在や礎で成功しましょう!
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
食事が世界を救う!!
〜最大の愛情・・・それは食事です!〜

子供を持つ親御さんは特に気を付けてほしいこと。

最近の傾向として”ムカつく”や”キレる”といった現象はどこから起こるのか・・・それは精神的影響ばかりがクローズアップされていますが、本当のところは”身体”、つまりその源と言える”食事”から来ています。

コンビニやファーストフード店の激増、受験戦争や時間との闘い・・・大人も子供もそんな社会の流れに飲まれてしまうことで、一番大事な”愛情のある食卓”というものに飢えています。

そう!大人も・・・です。

一緒に食事を摂るだけでもかなり異なってくると思いますし、大人の皆さんも思い起こせば若かりし頃、先輩や仕事先で御飯をご馳走になった時は愛情や安堵を感じたものでしょう。

子供の感性からしたら尚更なのです。

今一度、日本の将来、世界の将来のために”命をいただく食事の意義”をもう一度見直す機会があってもいいのではないでしょうか。



| 食品問題・安全 | 19:47 | comments(0) | - |
ポジティブリスト制度とは!?そして食の安全は!?
〜ポジティブリスト制度と食の安全〜

昨今のニュースで騒がれている”ポジティブリスト制度”。それは5月29日から導入となり、農産物の残留農薬基準が大きく変わるというもの。

今まで対象外だった食品までもが対象となり、その制度によって食の安全を図ってゆこうというのが狙いのようです。それまでも”無農薬野菜・減農薬野菜に対する関心度の高さ”が報じられてきましたが、このポジティブリスト制度によって、その傾向は尚一層高まってゆきそうです。

昨日まで流通可能だった農産物がこの制度によって”基準値を超えた”ことを理由に流通禁止になる可能性だってあることから、農家では戸惑いの声も当然挙がっているようです。

ニュース等でも農薬被害(中毒等)に関しては海外では何件か報じられてきましたが、国内ではあまり例がないため、まだまだ本当のところはあやふやな部分もありそうな感じがしないでもないです。

食の安全、今後のハッキリとした動向が気になるところです。


next子供に安心して食べさせられる本当の野菜とは・・

| 食品問題・安全 | 01:07 | comments(0) | - |
たまごかけごはんを100倍美味しく食べる方法!!
〜日本人の究極の食事”たまごかけごはん”〜

今、ひそかにたまごかけごはんが大ブーム!!とは言っても、古来から
その伝統が続いてきているので、「今更何を!?」と思う方もいるかも
知れない・・・

しかし!!!

⇒今年、こんな食べ方が大ブレイク!!!

一般的に出回っているもの(卵)は昔に比べると栄養素がちょっと異なって
きていますし、昔の味を知っている方にとっては「ん!?」という疑問を抱
く方もきっといるはず。

そんな中でこんな方法を知るとなると、日本人にとっては忘れられない味に
なりそう・・・

「え!?そんなことを言わずに早く教えろヨ!」という方はこちらをどうぞ
ご覧下さい。⇒たまごかけごはんを美味しく頂く方法


| 食品問題・安全 | 22:06 | comments(0) | - |
食育〜心も身体も健康な子育て。
現代において食の教育というのは一番の関心事かも知れません。食物アレルギーのお子さんを抱える親御さんのお気持ちはいかばかりでしょう・・・

そればかりではなく、成人しても病気の陰で食事制限などを余儀なくされる方も少なくありません。かと言っても食事は生活の中でも”楽しみな部分”であるために、ストレスにもなってしまうことも多い。

そんな現状とは裏腹に、ファミレスやコンビニへ行けば揚げ物(充分に酸化した)ものがズラリと並んでいる有様・・・何とも複雑な気分になる方も少なくないのでは。

普段から、小さな頃から食育をキチンと施さないと、子供のうちは好んでスナックや揚げ物を目の届かないところで大量摂取してしまうこともあるので、やはりしっかりとした食事の教育習慣というのは重要なことになってきますよね。

最近では小学校へ企業が食育に訪れるということも義務化されてきているので、今後も関心は高まって行くのではないでしょうか。


食育で心も身体も健康な子育て!

| 食品問題・安全 | 01:52 | comments(0) | - |
無農薬野菜、減農薬野菜の美味しさ・大切さ。
無農薬野菜、減農薬野菜
このところ、コンビニや出来合いの食事で”美味しさ”というものが遠く
なっているのを感じることってないでしょうか?

大人の私たちがそのように感じているのですから、子供の頃からそういっ
たものを味わうというのはちょっとした危機感を感じますよね。

つい先日、時間がなくて通りすがりにコンビニに寄っておにぎりを買って
食べました。普段家で食事をすることが多い私にとっては美味しく感じな
かったのです(業者の方には申し訳ないのですが)

やっぱり美味しい野菜や食材に触れている、触れることができるというの
はこの国で暮らす私たちにとっては最高の贅沢だと思います。

現代人の高血圧症や糖尿病も叫ばれているなかで、今一度食事、食材とい
うものを見直してゆきたいですよね。

おためしセット(送料無料)

無農薬野菜宅配、減農薬野菜栽培
| 食品問題・安全 | 19:06 | comments(0) | - |
PSE問題。
そもそもPSEっていうのがBSE(牛肉問題)と関連があるみたいに見えてしまうのがイヤだという方も多いと思います。

楽器などがPSE対象から外れるということが決定されたようですが、それでもその裏の意図が見え見えで、多くの有名ミュージシャンが義憤を感じているようです。(各ニュース参照)

そもそもPSEとは、家電製品全般の安全性を目的として”PSEマーク”のないものは販売してはいけないという法律なのですが、ひとくくりにしてしまったがために、昔の家電製品のどれもが安全ではないというレッテルを貼られてしまったように見えてしまいますね。

ミュージシャンではなくても、家電製品を取り扱う業者にとっても、リサイクル業者にとっても、市場全体を揺るがす大問題に発展してゆくであろうことは間違いありません。


大手楽器店はどうみているでしょうか?
down down down down down down

| 食品問題・安全 | 12:41 | comments(0) | - |
美味しい野菜や果物の選び方。
野菜のソムリエ―おいしい野菜とフルーツの見つけ方
野菜のソムリエ―おいしい野菜とフルーツの見つけ方

 昔に比べ、野菜の栄養価が下がっているという統計が明らかになっているけれど、私たちは野菜に関してまだまだ無知なことが多いです。

 どうしても”食べたいものを中心に摂取する傾向”が強いため、肉に偏ってしまったり揚げ物が多くなってしまったりします。

 それはそれなりに栄養がつくものですが、やっぱり健康(体のバランス)を保ってくれるのは野菜や果物であることに変わりはありませんね。

 食(食材)に対する不安や不信感がつのる一方、だからこそもっと関心が高まってゆくべきではないでしょうか。

 最近ではネットでかなり信頼の持てる食材を手に入れられるようになり有機野菜の宅配なども可能になったということで数十万人の方が利用するほどにまでなりました。

 あくまでも形にこだわらず規格外のふぞろい野菜でも栄養価の高いものを選びたいものですよね。

| 食品問題・安全 | 11:30 | comments(0) | trackbacks(0) |
安全な食品を選べる時代。
 このところ食品といえば”牛肉輸入問題”で揺れている部分がありますが、それだけ”食べる”ということは命との関わりが大きいため最大の関心事となってゆきそうです。

 安全な食・・・特にお子様やお年寄りには添加物を含んだ物や農薬をたくさん使ったものは食べさせたくないものです。年々”値段より健康”という傾向が強くなり、『誰がどこでどのように作った野菜なのか』ということを明確にして販売しているスーパーやデパートも少なくないです。

 それがネットでも購入できるという時代になってきたというところからも時代の流れや関心の大きさを感じます。

 美味しさと健康とは必ずしも表裏一体ではないということに人々は気付き始めているのではないでしょうか。

 スナック菓子を食事代わりに摂っている若者や外食中心になって来ているビジネスマン、だし入りが中心になって来ている味噌、現代食が中心になったことが原因で増え始めた生活習慣病・・・今一度”食と健康”を考え直す機会が来ております。

 日本古来の”いただきます”の文化は『命をいただくという意味』だといいます。動植物の命をいただくことで私たちの命が生きながらえているということに謙虚でありたいものです。

>>子どもに安全な食べ物を食べさせていますか?
| 食品問題・安全 | 01:39 | comments(0) | trackbacks(0) |